平成28年6月1日から、建設業の業種として、従来の28業種に、新たに「解体工事業」が追加され、29業種となりました。
ただし、経過措置として、様々なものがあります。