群馬県の建設業許可申請のことならお任せください。建設業許可専門の行政書士がお手伝いいたします。

MENU

(要件1)経営業務の管理責任者としての経験がある者がいる

経営業務の管理責任者としての経験

 この基準は、事業者の経営陣に対し、建設業の「28業種」の区分の内、許可を受けようとする業種に関する人的要件の配置を求めることにより、建設業における適正経営を確保することを目的としています。

 「経営業務の管理責任者としての経験」とは、営業取引の上で、対外的に責任のある地位にあって、建設業の経営業務について総合的に管理した経験をいいます。
 具体的には、許可を受けようとする者が法人である場合には、常勤の役員(※1)又は支店長・営業所長(建設業法施行令第3条に指定する使用人に限る)の内ひとりが、個人である場合には、本人又は支配人(建設業法施行令第3条に指定する使用人に限る)のうちひとりが、次のいずれかの要件に該当することが必要です。

  1. 許可を受けようとする建設業の業種に関し、5年以上の経営業務の管理責任者としての経験を有していること
  2. 許可を受けようとする建設業の業種以外の業種に関し、7年以上の経営業務の管理責任者としての経験を有していること
  3. 許可を受けようとする建設業の業種に関し、7年以上の経営業務の管理責任者に準ずる地位(※2)にあって、経営業務を補佐した経験(※3)を有していること

※1「常勤の役員」として、次の者は認められません。
  (ア)現住所が勤務する営業所の所在地から著しく遠距離であり、常識上通勤不可能な者
  (イ)他の営業所(他の建設業者の営業所を含む)において、専任を要求される者
  (ウ)建築士事務所を管理する建築士、専任の宅地建物取引士等、他の法令により特定の事務所等において専任を要することとされている者
  (エ)他に個人事業を行っている者、他の法人の役員である者、別の法人等から給料を受けている者、議会(国、県、市町村)議員である者等、兼務している者

※2「経営業務の管理責任者に準ずる地位」とは、法人の場合、役員に次ぐ職制上の地位をいい、個人の場合、事業主に次ぐ職制上の地位をいいます。

※3「経営業務を補佐した経験」とは、許可を受けようとする建設業に関する建設業の施工に必要な「資金の調達」「技術者の配置」「下請業者との契約の締結」等の経営者と同程度の経営業務に従事した経験をいいます。

 なお、いずれかの要件を満たしていれば、2以上の建設業について同一の者が「経営業務の管理責任者」になることができ、また、同一営業所に限り、専任技術者と兼ねることもできます。

群馬県の建設業許可申請のことならお任せください! TEL 027-257-4170 受付時間:9:00~19:00 (土・日・祝日を除く)

(対応地域)

群馬県 全域
栃木県 足利市、佐野市、栃木市
埼玉県 熊谷市、本庄市、深谷市、上里町、美里町、神川町
その他 ご相談ください((注)交通費をいただきます)

建設業許可サポートセンター群馬

(運営:行政書士春山法務事務所)
群馬県前橋市岩神町4-2-7
TEL&FAX:027-257-4170

PAGETOP
Copyright © 建設業許可サポートセンター群馬 All Rights Reserved.